コラム
[2016年05月15日]

ステロイドなんか怖くない(3)


霊感商法
「自分はこんな商法には引っかからないぞ」と思っている人は多いのではないでしょうか。
でもステロイドを利用した悪徳商法はどうでしょうか?

霊感商法は人の不幸や不安につけ込み、高額な壺や数珠、印鑑などを買わせるほか、高額な祈とう料やお布施名目の金品を要求されます。
最初は無料の姓名判断、手相診断、開運セミナー、占いと言って近づいてきます。そして事前に入手してあった情報などを、あたかもその場で言い当てているかのように話すことで信用させます。次に「先祖のたたりで不幸になる」「これを購入すれば不幸から免れられる」などと不安をあおり、壷などを売り込んできます。
そして今やめると更に状況が悪化するのではないかと考えてしまい、精神的にやめにくくなります。

一方、ステロイドを利用した悪徳商法は病気で悩んでいる人の不安に付け込み、病気に対して有効性の認められない商品を買わせるものです。
まず、ステロイドの副作用を必要以上にあおり、怖がらせ、ステロイドを処方する医師を悪者にし、ステロイドを使わせないようにします。
次に病気が良くなる水、漢方など様々なものを売り込んできます。
そしてステロイドを使うことへの恐怖心から症状が改善しないにもかかわらず、おかしな治療をやめられない。
ステロイドの悪徳商法と霊感商法はなんだか似ていませんか?

どちらも詐欺の一種ですが、まず人を不安にさせるのが詐欺の手口です。
振り込め詐欺も突然電話してきて身内に不幸な出来事があったかのように言い、不安にさせますよね。人間は不安になると正常な判断ができなくなるものなのです。そして次に安心させるような事を言いつつ罠を仕掛けてきます。

ステロイドに対して不安を感じていませんか?

 

私たち医師は誠意をもって治療にあたっておりますので、皆様もどうか冷静な判断をお願いしたいと思います。