最寄駅
JR中央線・西武多摩川線 武蔵境駅南口より
徒歩1分

ナローバンドUVB

ナローバンドUVB


ナローバンドUVB

尋常性乾癬、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、類乾癬、アトピー性皮膚炎には、以前より中波長紫外線(UVB)療法やソラレンと長波長紫外線(UVA)を用いたPUVA療法が行われておりました。

ナローバンドUVBではUVB(中長波紫外線)のうちで有効な非常に狭い波長域だけを照射して治療を行います。今までのUVBは波長域が290~320nmの紫外線を照射していましたが、ナローバンドUVBではこのうちで最も治療効果が高く、サンバーンなどの副作用が少ないとされる311~313nmの波長だけを照射します。

この紫外線が乾癬を初めとして、掌蹠膿疱症、尋常性白斑、類乾癬、アトピー性皮膚炎の治療に保険適応にて用いられています。

従来の治療法にナローバンドを組み合わせる事によって内服やステロイド外用の量を減らすことができます。

治療方法


まず、テスト照射を行いMEDと言われる最小紅斑線量を判定します。測定結果は翌日に判定しますので必ず2日間連続して来院できる日にいらしてください。
MED(最小紅斑線量)の判定ができましたら、その50%くらいの線量から照射を開始します。そして、淡い紅斑がみられるぐらいまで徐々に線量を増加していきます。
原則として週に2~3回の通院が必要ですが、やむを得ない場合は週1回の通院で行います。

この治療を受けられない方


・光線過敏症のある方
・皮膚悪性腫瘍の合併・既往のある方
・免疫抑制剤内服または外用中の方


最寄駅
JR中央線・西武多摩川線 武蔵境駅南口より
徒歩1分